包茎・治療|病院情報:トップ > 包茎とは
包茎とは?包茎=ほうけいとは、いわゆる「皮かぶり」の状態。

包茎とは

一般的には「包茎」とは「成人になっても亀頭に包皮が被っていること」

だと思われますが、 医学的にはちょっと違います。

実は亀頭が皮に覆われて被っていても、包茎ではない事があります。

つまり、勃起時に皮の余りがまったくなく丁度良ければ、包茎ではありません。

 

それでは包茎とは、何でしょうか?

それは包皮が余っている状態をいいます。

判断基準としては、勃起時に余分な皮がある方が包茎となります。

5ミリ皮が余っていても、10センチ皮が余っていても、

皮のあまりがあれば包茎となります。

ただ、ほとんどの方が気にしているのは、

包皮がどれくらい余っているかではなく、

通常時に亀頭が露出しムケた状態になっているかどうかだと思いますが、

皮の余りが多ければ多い程、被ってしまう確率は高まっていくといえます。

 

どちらにせよ必ず治さなければいけないというわけではありませんが、

普段時に被ってしまっているとチコウ(ちんかす、垢、汚れ)が溜まり

不潔になってしまうデメリットがあります。

※関連リンク=包茎治療メンズクリニック一覧

増大
IT用語