包茎・治療|病院情報:トップ > 包茎の治療方法
包茎の治療方法としては症状の状態にもよります。真性ほうけいの場合は手術も選択肢になります。

包茎の治療方法

包茎の治療方法にはどんな方法があるのでしょう。 

大きく分けると、包茎治療には、包茎治療グッズなどを使って

自力で治す方法や包茎手術を受ける方法などがあります。

 

仮性包茎の場合は、いきなり包茎手術をするよりも、

まずは自力で治す方法を試してみた方がいいかもしれません。

包茎手術にかかる費用の相場は、8~20万円くらいです。

仮性包茎の場合は保険適用はありませんから、

金銭的な負担も大きいと思います。

真性包茎の場合は、泌尿器科で手術すれば健康保険が適用されるので、

自己負担額としては1~3万円で済みます。

自由診療の美容整形外科や包茎専門クリニックで包茎手術を行うと、

出血や痛みも少なく、傷跡などが残らないように配慮してくれるでしょう。

ただし、病院の良しあしもありますので、慎重な病院選びが重要となります。

 

一方、自力で包茎を治すグッズとしては、

リング状になっていて包皮を伸ばすように装着することで

むけた状態にするものや女性が一重まぶたを二重まぶたにする時に使う

アイプチのように余っている包皮を接着するもの、

大きなピンセットのような器具で包皮口を開いて

真性包茎を矯正するものなどがあります。

また、塗るだけで仮性包茎が治るジェルやシールも売られていますし、

包皮をむいたままで固定しておくのに便利な

ビガーパンツも便利かもしれません。

但し、必ず治るなどとと宣伝しているものは避けた方がいいでしょう。

万能な包茎矯正グッズなどは存在しません。

あくまでも可能性の一つにすぎませんので、

完全自己責任になります。

※関連リンク=包茎治療メンズクリニック一覧

増大
IT用語