包茎・治療|病院情報:トップ > 真性包茎
真性包茎(しんせいほうけい)と診断されたらなら衛生面を考えても治療や手術がおすすめです。

真性包茎

真性包茎は、普段でも勃起時でも包皮口が狭いために

亀頭が全く露出できない状態のものを言います。

包皮口が非常に狭い状態のために、

手で剥こうとしても全く剥くことが出来ません。

包皮口が狭いだけでなく亀頭と包皮が癒着している場合もあり、

無理に剥がしたりすると出血などの可能性があります。

 

ほとんどの子供は包茎ですが、成長と共に包皮が後退し始めます。

おおむね思春期(18才頃まで)を過ぎても正常に剥けないようであれば

手術や治療が必要です。

真性包茎の状態では亀頭の正常な成長が妨げられるために、

先細りや短小の原因にもなり、

将来の夜の生活を妨げる病気の原因にもなります。

性行為の際には、勃起による痛みや不衛生な状態のため

炎症や感染症を起こしたりする場合があります。

※関連リンク=包茎治療メンズクリニック一覧

増大
IT用語