包茎・治療|病院情報:トップ > 包茎の診断
包茎の診断を正確に知りたいならば泌尿器科の病院やメンズクリニックの門を叩くことになります。

包茎の診断

包茎に関しては、様々な考え方があり、

一概に診断を下せない事が多いのですが、

重症度に合せ3つに分類することができます。

真性包茎では手術の絶対適応になります。

重度仮性包茎も手術をしたほうが性生活が良くなるばかりでなく

健康面で維持のためにも大切です。

中度仮性包茎、軽度仮性包茎では形態面の改善が中心になります。

 

1.真性包茎

真性包茎とは、勃起時はおろか、包皮を手でむくことができないもの。

 

2.重度仮性包茎

重度仮性包茎とは、包皮は手でむくことができるものの、

勃起時もかなり皮をかぶり、正常時では子どものおちんちん状態のもの。

 

3.中度ないし軽度仮性包茎

中度ないし軽度仮性包茎とは、

正常時、包茎はゆるやかに亀頭をおおうが、

外尿道口は露出する程度のもの。

世の男性のほとんどがこの状態です。

自分でいまいちと思えば手術は差し支えありません。

※関連リンク=包茎治療メンズクリニック一覧

増大
IT用語