包茎・治療|病院情報:トップ > ほうけいの手術
ほうけい=包茎の治療法として手術は有力な方法です。

包茎の手術

包茎手術をしたいと考える人たちにはそれぞれの理由があることでしょう。

しかし、それらを冷静に眺めると、真性包茎やカントン包茎の方は別にして、

仮性包茎の方に関しては、ほとんどは「包茎でなくなりたい」

という理由だけであることに気付きます。

包茎は清潔にしてさえいれば全く問題のないものです。

つまり病気でも何でもありません。

一般的な人が抱く手術理由のうちの大部分は、

包茎に対する不透明なマイナスイメージによるものです。

日本人の7割近くが包茎という状態なのですから、

包茎が普通だとも言えます。

ですから多くの仮性包茎の方の手術は

患部の治療ではなく、性器の美容整形だと行っても過言ではありません。

包茎手術商法という名の悪徳商法まであるくらいですから、

手術を考えている人は、熟考してから受けるようにしてください。

 

それを踏まえた上で、手術に踏み切る場合ですが、

それぞれの状態によって、様々な手術方法があります。

包茎手術とは、長すぎて余った包皮を切除するという、

熟練した医師の手にかかれば最も簡単な部類に属するオペの一つです。

しかし、その手術法は実に様々な種類があります。

同じ手動メスの場合でも各種切除法があったり、

レーザーメス法、腸鉗子法、器具を使ったクランプ法など、

いろいろな手術法が展開されています。

これらは包茎手術の歴史の中で確立してきた手術法で、

多くの治療実績を持っているものもあります。

 

しかし、包茎手術は手術法という要素以外にも、

個人の状態に合わせた「仕上り」という非常に重要な要素を持っています。

ここが実は一番の問題でしょう。

手術で包茎を治す事は簡単です。

しかし、仕上がりが満足かどうかは別問題なのです。

ですから意外と知られていませんが、

再手術をされる方が非常に多いのも確かです。

ですから、慎重な病院選びが重要となるでしょう。

※関連リンク=包茎治療メンズクリニック一覧

増大
IT用語