包茎・治療|病院情報:トップ > カントン包茎の治療
カントン包茎の治療や克服方法としては器具を用いる方法があります。

カントン包茎の治療

カントン包茎の患者さんの場合、必要に迫られて

 

包茎手術を受ける方が多いと思います。

 

包皮のせいで勃起時に障害が出たり、

 

陰茎を圧迫するなどの明確な理由がある場合は、

 

病院選び~医師への診察というステップに進むことをお勧めします。

 

 

しかし、特に緊急に困ることはないのだけれど、

 

たとえば多少の違和感があるとか、

 

包皮の陰茎の出口部分が少しだけ狭いのではないかなど、

 

自分でもはっきりとカントン包茎であると確信をもてない場合は、

 

はじめから「包茎治療=手術」という考え方を持つことは危険です。

 

場合によっては手術を受けずに、包皮を少しずつ広げていくなどの治療で

 

改善される場合もあり、

 

焦ってしまうと受けなくてもいい手術を受ける結果となることがあります。

 

その場合も、一番確実な方法は、泌尿器科などの医師の診断を受けることです。

 

医師と相談して、自分のペニスにもっとも合った治療方法を

 

見つけていくといいでしょう。

 

 

 

カントン包茎の方でも、比較的軽度の症状の方で、

 

泌尿器科で診断することには少し抵抗を感じるという方は、

 

市販の包茎矯正グッズを試してみるのがいいと思います。

 

包茎矯正グッズというと、ビガーパンツ、矯正リング、

 

シール(接着)式の商品が代表的なものですが、

 

いずれもカントン包茎の治療には適していません。

 

これらは、いずれも包皮を剥いた状態で固定することによって

 

包茎を治療することを目的にしています。

 

そのため、仮性包茎のように、無理なく皮を剥くことができる

 

状態の方向けに作られているのです。

 

包皮の亀頭の出口部分が狭くなっているカントン包茎や真性包茎の方には、

 

無理に包皮を剥いた状態にすることは陰茎本体を締め付けることになり、

 

逆効果になってしまいます。

 

近年までは、カントン包茎や真性包茎など、

 

亀頭の出口部分の包皮が狭い方向けの商品は皆無でした。

 

しかし、最近は亀頭の出口部分の包皮を広げて、

 

徐々に包皮から亀頭を露出させやすくするように

 

矯正する器具が発売されるようになりました。

※関連リンク=包茎治療メンズクリニック一覧

増大
IT用語