包茎・治療|病院情報:トップ > カントン包茎
カントン包茎(ほうけい)は包茎状態の一種類ですが、その状態もひとつではありません。

カントン包茎

カントン包茎とは、無理に亀頭部分をださせようとして、

自分で包皮を強引に剥いたことによって、

包皮が元の位置に戻らなくなり、

亀頭の根元を締めつけてしまう状態の事を、

カントン包茎と呼んでいます。

 

カントン包茎の原因として、包皮口が狭い事があげられます。

包皮口が狭い場合、亀頭を露出するとことにより、

亀頭の付け根が締め付けられ、包皮への血行も悪くなり

包皮が水ぶくれのようにはれあがります。

最悪の場合鬱血(うっけつ)状態になり、重大な事態になります。

早急に治療が必要です。


カントン包茎で自分ができる治し方、対策として・・・

カントン包茎の矯正方法、治し方は、

狭い包皮の開口部を少しずつ

手や矯正グッズで広げるようにすることが大切です。

そして少しでも包皮の開口部が広がってきたら、

少しずつでよいので包皮を剥いてみましょう。

無理に剥くことは危険です。

痛みを感じない所までで、毎日お風呂場などで繰り返しましょう。

 

しかし、カントン包茎の場合は、自分で解決するのは

難しい場合が多いですので、

手術などの治療が必要になって来ることが多いようです。

※関連リンク=包茎治療メンズクリニック一覧

増大
IT用語